元入間市議会議員 さかもと優子

さかもと優子の活動報告
元入間市議会議員「さかもと優子」の任期中の活動報告やお知らせのアーカイブです。

「入間市ケアラー支援条例」に期待します

令和3年2月定例会にて「ヤングケアラー支援」について一般質問させて頂きました。
杉島市長からは「入間市ケアラー支援条例」の制定を検討していくとの答弁を頂きました。
 
質問
 団塊世代が75歳以上となる2025年問題が目前にせまっている現在、高齢化の進展と伴に、介護を必要とする人の増加は避けられない問題となっています。
そして、置き去りにしてはいけないのが介護や世話のケアを担う「ケアラー」の現状です。
 
ケアラーが最も多い年代は、親の介護が必要になってくる50代から60代ですが、その一方で18歳未満の子どもである「ヤングケアラー」の増加が指摘されています。
核家族化・ひとり親世帯の増加など、家族の形態の多様化と共に、ケアを担える大人が家庭内に減っており、家庭内で誰かの介護が必要になると、子どもにその負担が行きやすくなっているという現状が指摘されています。
 
また、介護の役割や責任が年齢に釣り合わない不適切な場合や介護を担う期間が長期に渡る場合には、子どもの心身の発達や人間関係、学業や将来の夢・進路にも影響を及ぼすと指摘されています。
ヤングケアラーの課題をどのように捉えていますか。
 
市長
まず、市民周知・理解が進んでいないこと。
ヤングケアラーとなるこども達は家事や家族の介護などがあたり前になっており、
特に幼少期には、お手伝いとケアラーの違いがわからない・ケアラーの認識がない・
家族から口止めをされるケースもある。
幼少期以降も自身が抱える困難を隠し、気づかれないように声をあげないケースもある。
ヤングケアラーを経験したこども達が大人になってからも自分自身の希望、生活・人生を
取り戻すことが必要である。ケアラーに関わる行政の対応が縦割りであるなど様々な視点が考えられる。
 
質問
支援に対する当市の今後の展望は
 
市長
ヤングケアラーを含むケアラーの支援に向け、「入間市ケアラー支援条例」の制定を検討する。
ヤングケアラーへは、早期に介入し、孤立させずに適切な教育の機会を確保することが必要と考えており、特に重点を置いていく。条例制定により、ヤングケアラー支援の必要性を推進し、誰一人取り残さない全ての子ども、若者が健やかに心豊かに成長できる社会を目指す。
支援に向け、令和3年度までに着手する。

 
さかもと優子の活動報告

外国人市民向けの自然災害パンフレット

当市の市民生活部にて、日本語教室で日本語を学びながら、日本の自然災害に対する知識を学習できる教材の作成して頂きましたので、ご紹介します。
外国人市民向けの自然災害パンフレット

◇日本語教室副教材のご紹介
入間市国際交流協会では、2020年3月に日本語教室で使用する副教材として、
日本語を学びながら自然災害に対する知識や備えを学習できる教材を作成して頂きました。自然災害への備えは、日ごろから自助・共助の精神を養うことが必要であり、それは自然災害の多い日本で暮らす外国人市民にも同様です。
外国人市民の出身国には自治会という地域組織が無いことが想定されるため、
自治会活動を紹介するページを設け、写真で活動の様子も紹介されています。
平成31年 3月定例会にて多文化共生社会について
一般質問をさせて頂きました。
「日本の災害知識について案内できないか」の質問に真摯に対応して頂き、
ありがとうございます。
 

◇日本語教室について
外国人市民の方との壁は日本語にあると言われています。
入間市の日本語教室について紹介させて頂きます。
日本語教室は、入間市国際交流協会が実施する事業です。
外国人の皆さんが、仕事や買い物など日本で生活していくために、
最低限必要な日本語を学ぶ場として開かれた教室となっています。
長年参加している方、初めての方問わず、楽しく学びながら
日本語を覚えて頂ける場となっています。
教室は産文クラスと仏子クラスがあり、産文クラスは土曜日の午後、
仏子クラスは水曜日の午前中に、例年であれば年30回程度開催しております。
今年度は新型コロナウイルス感染症により両クラスとも開催を中止しておりますが、1月からの開催を予定しております。
(新型コロナウイルス感染症状況により、中止することもあります。)

 
さかもと優子の活動報告