入間市議会議員 さかもと優子

さかもと優子の活動報告
入間市議会議員「さかもと優子」が行った一般質問です

令和2年 6月定例会

【 新たな働き方を目指すテレワークの導入を】

第2回定例会(6月定例会)では
コロナ禍の中、新たな生活様式に向けた働き方を提案するため、
『新たな働き方を目指すテレワークの導入を』を一般質問いたしました。

 

-質問-

ICT(情報通信技術)の課題は?

-企画部長-

テレワーク導入に向けての課題は、情報管理のセキュリティ対策と職員間のコミュニケーション確保の検討が必要と考える。

-質問-

テレワークは子育てや介護を抱える職員も柔軟に働くことを可能とする。
職員の方の働きやすさは市民サービスの向上に繋がる。見解は?

-市長-

市役所は持続的な市民サービスを提供し、市民生活を守ることが最大の責務。
また、働き方の観点からすれば、働きやすい職場は、職員の能力や意欲の向上に繋がり、
市民により良いサービスを提供することに繋がる。
現在も新型コロナ感染症拡大への警戒が続いている。
テレワークの導入は、今後も検討を進めていくべきと考える。
国の動向を注視し、本市での具体化に向けて調整する。
また、職員間のコミュニケーションツールのトライアル範囲も拡大し、
テレワークに向けたICT活用の検討を進める。

 

-要望-

平成30年にも「テレワークの導入」について、一般質問させて頂きました。
その際は、時期尚早とのご答弁でした。
今回の一般質問を通じて、新たな働き方について、ご尽力して頂けると受け止めることができました。
コロナ禍の中から生まれる新たな生活スタイルを前向きに捉えていきたいと考えます。

    次の投稿へ » 
さかもと優子の活動報告